前へ
次へ

英語を使える環境がないと英語が上達しない

英語は世界の標準語と言われる言語で、英語を母国語としない国でもそれなりに通じるときがあります。
英語を母国語とする国に支配された歴史がある時もありますが、日本のように単に教育において外国語の一つとして英語があり使える人が多い国もあります。
日本だとあまり英語を話せる人はいません。
日本で英語を使える人が少ない理由としてまずは英語が必要でないからがあるでしょう。
日常生活で英語が必要になることはほぼありません。
表記は日本語で行われ音声案内も日本語で行われます。
大学の一部で英語の授業のみのところもありますが、それらの環境でない限り日本語で済ませられます。
またせっかく英語を習得しても日本国内で英語を使える環境がないのも問題でしょう。
学生時代に海外留学をして一旦修得したものの、日本で何年も生活しているうちに英語が使えなくなった人もいるようです。
英語教育においては英語を使える場を多くしようとする試みがされています。

Page Top