前へ
次へ

遊びから自由研究につなげられるようにする

都会に住んでいるとなかなか自然に触れ合う機会が少なくなります。
高層マンションを出て舗装道路を歩き学校に登校する子だと触れられる自然は雑草やカラスぐらいしかないでしょう。
一応学校の授業で世の中の自然を学べても、教科書や映像からだとなかなか実感できないときもあります。
小学生時代の夏休みの宿題には自由研究があり、なかなかテーマが決まらなくて困る子もいるようです。
夏休み後半になっても決まらないために親がテーマになりそうな博物館などに連れて行くなどもあります。
お金や時間がかかるだけでなく、子供にとってもためにならない可能性もあります。
親が子供の自由研究のためにできることとして遊びがあります。
電子ゲームやおもちゃなどでなく、キャンプ等のアウトドアでの遊びを通じて自然に触れさせるといいかも知れません。
そしてその時に子供にいろいろ考えさせ、日記などに残すよう教育しましょう。
遊びで自然に触れればテーマも見つかりやすいですし、記録に残す癖がついていればまとめる力もつくでしょう。

Page Top