前へ
次へ

なぜそうなるのかを探求する力を養う

日本であれば四季があり、夏に暑くて冬に寒くなります。
夏は比較的明るい時間が多く手逆に冬は明るい時間が減ります。
地球と太陽の関係であったり、北半球と南半球の関係などが分かれば暑い理由や明るい時間が長い理由がわかります。
自然現象の色々なことにはそれぞれ原因があると言えるでしょう。
子どもが学ぶ科目の中に理科がありますが、勉強をするに当たっては教科書や先生の言われたことを覚えテストなどで正解を得ていく必要があるでしょう。
受験などが関わってくるとどうしても勉強は暗記が中心になりがちで、興味などとは別にテストで出題されるからその内容を暗記する等になってしまいます。
小学生の夏休みの宿題には自由研究があり、題材としては理科に関わる内容を取り上げることもあるでしょう。
ただ覚えているだけの勉強をしていると何をしたらいいのかわからない子も多いようです。
学校が教育においてなぜそうなるのかを考えさせるようにしていれば、探求心が芽生えて自由研究の題材も見つけやすくなるかもしれません。

Page Top